So-net無料ブログ作成

2013.10.27 御巣鷹山の記憶  (備忘録) [2013 ツーリング記録]

台風が過ぎた27日 以前から一度は行かなければと思っていた場所へ行って来ました。

群馬県上野村の御巣鷹山です。
私には慰霊登山をして御参りするような遺族は居ません。
でも、この場所は見ておかなくてはならないような気がしていました。
悲惨な航空事故であった日航ジャンボ機事故は昭和60年のこと。私は大学生でした。

大変なことが起こった。 そして奇跡の生還者。 
あれから既に28年経ちます。
正直言って興味本位的な面が無かったとは言えませんが、大変な急斜面と悪路に囲まれた場所で、当時の救助の大変さを想像させられました。

そして多数の墓標に寄せられた文字を見ると、亡くなった方への想いが感じられて切ない気持ちになりました。
生きている事のありがたさを感ぜずには居られませんね。

DSC_0168.jpg


続きを読む


25.10.14 奥只見 酷道352号満喫ツー  (備忘録) [2013 ツーリング記録]

晴天の三連休。会津へ帰りながら奥只見にある「酷道352号」へ。

「新潟県魚沼市から福島県檜枝岐村までは枝折峠や奥只見湖沿い、そして県境付近で急カーブの連続した1〜1.5車線程度の断崖絶壁に沿った狭隘な道が続き、俗に言う「酷道」の1つに挙げられている。新潟県側の大湯温泉から檜枝岐村の国道401号分岐点との間は、枝折峠越えと奥只見湖畔の谷越えの屈曲などで著しい迂回を重ねている。故にこの区間のみで道路延長は70kmを超えるが、銀山平付近の観光施設以外、途中に集落の類は存在しない。湖畔の屈曲区間は、沢の水が橋もなく道路上を流れる洗い越しが多数存在し、雨量が多くなると通行止めになる。(wiki)」

こんな道らしいですが、実際に走ってみないと・・。という訳です。
将に酷道でした。 狭隘なカーブが急斜面とともに続きます。それに彼方此方に「洗い越し」があって気をつけなければ滑ります。
急カーブの洗い越しを曲がりきれずに対向車線側へ飛び出したVMAXを見ました。・・・ (゚O゚;)
私も濡れた落ち葉の固まりに一瞬後輪が滑って転倒しそうになりました。。。゛(ノ><)ノ ヒィ

青空が広がる絶好の天気で景色も良かったんですが、ハンドリングとスピード制御に集中していないと危険な道です。 とても疲れましたが良い経験をしました。
でも、やはり天気が良い日のツーリングは最高ですね。 
DSC00992.jpg

続きを読む


2013.9.28 開田高原・濁河(にごりご)温泉ツー 備忘録 [2013 ツーリング記録]

9/28 開田高原方面へ行って来ました。
そして、濁河温泉も堪能。 当初は下呂温泉へと思っていたんですが、何せ日帰りでは遠いですね。
濁河(にごりご)温泉は、霊峰御嶽山の飛騨側登山口として知られ、標高1,800mでの通年営業温泉街としては、日本でも有数の高所温泉地です。

DSC00948.jpg

続きを読む


トラックバック(0)